ドメイン移管とは

今のドメイン管理会社から他の管理会社へドメインの管理会社を乗り換えることをドメイン移管(transfer)と呼びます。

レンタルサーバーなどのサービスと一緒にドメインの管理をセットでやっている場合、そのサービスを解約すると他社にドメインの管理を移してくださいと言われることもあるようです。
サーバーはA社でドメインはB社でなどと別れていると手続きが煩雑になりやすいのでまとめるために移管するケースも多いです。

ドメイン移管をするとその際にドメインの期限を一年更新することになります。
今のドメイン管理会社で更新をおこなうより他社に移る方がお安いといった理由で移管がおこなわれることもあります。

ドメインの更新費は会社によってかなり差額がでますので、取得したらおわりではなく定期的に他社ドメイン管理会社の更新費をチェックしてみましょう。

ドメインの管理会社のほうも自分のところで更新し続けてくれた方がありがたいため、通常の更新費より他社から移管してくる場合の更新費のほうがお得な場合があります。

ドメイン移管の注意点

レンタルサーバー会社にドメインの管理も任せている場合、サーバーの契約期間内は移管ができないといわれてしまうことがあります。こちらはサービス会社の規約によりますので、移管手続き前に現在の契約を調べておきましょう。

通常ドメイン移管をおこなうとドメインの期限を更新することになりますので、移管手続きをした際のドメインの現在の有効期限が最長期限である9年にすでになっている場合は移管ができても期限の更新ができません。その分損してしまうことになるのでお気を付けください。

また取得をしたばかりの場合や更新をしたばかりの場合も移管ができないことがあります。

逆にドメインの有効期限が過ぎてしまっている場合や、有効期限まで近すぎる場合もトラブル回避のため移管先に断られてしまうことがあります。有効期限まで1カ月程度の余裕はほしいところです。